--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-19(Fri)

最近観た映画~パート4

復活すると言いつつも、またまたまとめた映画レビューで失礼します。



dontlaughatmyromance

「人のセックスを笑うな」(2007・日)

ダメだー。この映画苦手です。こういったテイストの映画は好きなはずなのですが、登場人物に誰一人好感を持てないので、このゆるゆる感がいちいち癇に障る障る。
ただ、永作さんはすごく綺麗でした。

mist

「ミスト」(2007・米)

まさかこの映画で大号泣する事になるとは、夢にも思いませんでした・・・。
霧の中に潜む"何か"との戦いよりも、そこから生まれる人間同士の醜い争いの方が、何十倍も私の心をかき乱しました。キング原作の映画の中でも上位に入る面白さ!

dogdayafternoon

「狼たちの午後」(1975・米)

実話の映画化。物語のほとんどが銀行の中で繰り広げられます。非常にコミカルでテンポが良く、最後まで楽しんで観れました。
登場人物の一人ひとりが魅力的。アル・パチーノなど、俳優たちの熱演が光ります。若き日のパチーノ、格好良すぎる・・・。

evencowgirlsgettheblues

「カウガール・ブルース」(1993・米)

親指がでかい女の只のロード・ムービーかと思いきや、女性社会の確立について描いた意外に深い映画でございました。
独特な世界観で、途中から訳が分からなかった・・・。ユマ・サーマンがひたすら可愛い。




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

2008-12-10(Wed)

最近観た映画~パート3

長らく更新をサボっておりました・・・。
充電期間も終了しまして、しばらくしたらまた以前の様にレビューを再開したいと思います。他サイト様への訪問はまた後ほどいたします。すいません。
それでは最近観た映画プチレビュー!




americansplendor

「アメリカン・スプレンダー」(2003・米)

自伝コミックで一躍人気者となった実在する一人の男の物語。本物のハーバー・ビーカー、ポール・ジアマッティ演じるハーバー・ビーカー、そしてコミックの中に登場するハーバー・ビーカー。何人ものビーカーが登場し、劇中でも問われているように正にハーバー・ビーカーは何者なのか?といった感じの半自伝的映画。
コミックのファンが楽しむべき映画だと思います。原作を知らない私としては今一つ。変に本物を登場させてエセドキュメンタリーを交えずに、ポール・ジアマッティの演技一本で通してほしかったです。
ただ、この映画を観た後、誰もがコミック版「アメリカン・スプレンダー」を読みたくなることでしょう。

fasttimes

「初体験 リッジモンドハイ」(1982・米)

アメリカ、リッジモンドの高校生たちの生活を描く青春映画。程良くバカで、ノリが良く、単純に楽しむにはもってこいの映画。80年代を感じます。
頭の悪いヤク中を演じたショーン・ペンは、今の彼の姿を思うとなんだか笑えます。フォレスト・ウィテッカーが出ていたのにはビックリしました。彼も、こんな映画に出演していた時期があったのか・・・。

badsanta

「バッドサンタ」(2003・米)

クリスマス・シーズンという事で、一風変わったクリスマス映画を一つ。
クリスマスを狙ってデパートの金庫荒らしを行うアル中サンタが、一人の男の子と出会い心境に変化が生まれていく・・・。ある意味"クリスマスの奇跡"を描いたこの映画。男の子が絶妙にウザい。そして可愛い。なかなか魅せる展開で、小気味よく、普通に楽しめる映画ですが、よくあるブラック・コメディから一線を画せていませんな。「ゴースト・ワールド」、「アート・コンフィデンシャル」の監督なので、私好みの作品を期待していたのですが、意外や意外、よくあるアメリカン・コメディでございました・・・。

anniehall

「アニー・ホール」(1977・米)
男女の愛が燃え上がり、そして冷めるまでの様子を巧みに描いた傑作。ウッディ・アレンがとにかく喋る、喋る。皮肉に満ちていながらも、知的で、ユーモラスで、思わずニヤリとするような小気味よいお喋り・・・。その喋りに惹きこまれ、あっという間に90分が過ぎていきました。
ウッディ・アレンの映画は、どうも高尚な雰囲気がして手を出せずにいたのですが、かなり良いですな!これから彼の作品を制覇していこうと思います。




theme : 映画感想
genre : 映画

2008-11-29(Sat)

最近観た映画~パート2

またまた観た映画をまとめてレビュー!です。


storytelling

「ストーリーテリング」(2001・米)

トッド・ソロンズはやっぱり凄い。彼の映画はとことん辛辣な人間描写をするのにも関わらず、その後味はどこか爽やかで、晴れやかな気持ちで観終える事が出来る。
勘違い高校生スクービーが、昔の自分とかぶって泣けてきます・・・。

demonia

「新・デモンズ」(1990・伊)

ゾンビ映画だと思って借りたら、全然違う内容でした。デモンズ違いでした。
ある程度のグロテスク描写には耐性がついてきた私でありますが、この映画は生理的に受け付けませんでした・・。。とにかく気持ち悪い。吐き気がする。
フルチはどこまでいってもフルチなのですね。

kinsey

「愛についてのキンゼイ・レポート」(2004・米)

真面目な、変態映画です。主役のキンゼイ博士はやっている事がどう考えても変態なのに、あくまで彼は"研究"をしているだけなので、どんなにお下劣な事でも高尚なものに見えてしまうから不思議です。
リーアム・ニーソンとローラ・リニーの、二人の演技が素晴らしい。


veradrake

「ヴェラ・ドレイク」(2004・英/仏/新)

このマイク・リーという監督は、「秘密と嘘」の時も思いましたけど非常に人間描写が細かいですね。会話のシーンの一つひとつが深く、印象に残ります。
「4か月、3週と2日」に引き続き堕胎ものなのですが、こちらは堕胎を"する"側のおばあちゃんのお話。必ずしも人を助けることが正義になるとは限らない。観た後考えさせられる、深い映画です。





いちロメロファンとして「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」を観に行きたいのですが、お金と暇がなくまだ観に行けてません・・・。どうやら主観映像でのゾンビ映画らしいのですが、一体どのような出来栄えになっているのか興味津津です。
あと12月20日に「ファニー・ゲーム」のUS版が公開されるそうで、オリジナルのファンとしては是非ともこの映画にも足を運びたい!
観たい映画は沢山あるのに観に行けない。学生の悲しい性ですねぇ・・・。



theme : 映画感想
genre : 映画

2008-11-20(Thu)

最近観た映画

最近TSUTAYAの宅配レンタルサービスに手を出したのですが、あれ結構面倒臭いシステムですね。1回に2本しかレンタル出来ないのが非常に残念です。とりあえず今は様子を見てみます。

それでは、最近観た映画プチレビュー。



LES QUATRE CENTS COUPS

「あこがれ/大人は判ってくれない」(1958/59・仏)

まず「あこがれ」
少年たちが年上の女性に憧れを抱く姿は、どうしてこうも観ていてウキウキするのでしょう。冒頭の、スカートをなびかせがら自転車を漕ぐ女性の姿が何ともいえず魅力的でした。
そして「大人は判ってくれない」
子どもは大人が思っているよりも賢くて、色々な事を考えている。少年と大人との境目を揺れ動くドワネルが可愛くて、たまらなく愛おしいです。
少年時代の揺れ動く心を、非常に的確に描写した素晴らしき青春映画。


4luni3saptaminisi2zile

「4ヶ月、3週と2日」(2007・羅)

長回しでの撮影が非常に印象的なこの作品。
自由を制限された女性たちの苦悩を繊細に、かつ力強く描いております。
メインテーマが"中絶"ですので、女性にとって少々きつい話でもあります。観ていて痛かった・・・。


queenslogic

「クイーンズ・ロジック/女の言い分・男の言い訳」(1991・米)

冒頭とラストだけは良い感じ。あとはよくある恋愛映画です。
この映画でクロエ・ウェッブの魅力に開眼しました。「シド・アンド・ナンシー」の時はハマれなかったけど、この映画の彼女は最高です。


therockyhorrorshow

「ロッキー・ホラー・ショー」(1975・英)

ポップなロック・ミュージカル。純朴なカップルがどんどんロックに支配されていく様は見応えありです。
しかし残念ながら私が好きなタイプのロックではないのです。「ファントム・オブ・パラダイス」の方が好きでした。




しばらくブログを小休止します。
最近映画について色々考える機会がありまして、今は映画を観るだけでいっぱいいっぱいな状態です。
なのでしばらくは一つの作品を集中的に取り上げるのではなく、今日のように観た映画をまとめて紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。



theme : 映画感想
genre : 映画

2008-10-04(Sat)

日記と、「Lの世界」

映画レビューでは無いので、一応閉じときます。
見たい方は「more...」をクリックして下さい。

more...

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。