--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-01(Mon)

『28週後…』

28weekslater

やっと観ることが出来ました!
やっと近所のTSUTAYAが7泊8日にしてくれました!

「28週後・・・」(2007・英/西)

猛ダッシュゾンビ映画の元祖(なのかな?)「28日後・・・」の続編。
感染者に埋め尽くされたイギリス国内は米軍の助力により24週間後、復興を開始する。一部の地域では人が移り住むようにもなり、イギリスの完全復活は間近に迫ろうとしていた。しかし28週後、初めて子どもの入国が許されたことから、また新たな感染の魔の手が忍び寄ろうとしていた・・・。

この猛ダッシュゾンビ・・・、ゾンビ映画ファンの中では賛否が分かれるようですね。私はロメロ型のゾンビが一番好きなのですが、こういうゾンビ映画もアリかな、と思っております。人間は刺激の多い方、多い方へと流れていく生き物ですからね。この"猛ダッシュ型"も、刺激を求めた人々による新たなゾンビの形なのでしょう。
まぁ、こういったゾンビ映画の悪い点をあえて上げるとするならば、自分だったら・・・、というシミュレートが全く出来ないというところですかね。いくらシュミレートしてもすぐに死んでしまいますもん。敵が早すぎますもん。ロメロ型のゾンビだったら、まだ生き残れる可能性が有る気がするんだけどな~・・・・。

話が逸れてしまいましたが、映画の感想。かなーり面白かったです。
衝撃のオープニングに始まってラストまで異様な緊迫感に包まれた、怖さ120%のゾンビムービー。
最強のゾンビ集団から逃げるだけでも苦難の技なのに、今作では味方である筈の軍隊からも逃げなくてはなりません。生存率ほぼゼロの絶望的な状況に、こちらまでハラハラして見入ってしまいました。
目立つのが、独特なカメラワーク。ブレたり早回しになったり、といった一見雑な映像が、危機的状況に陥った人々の心情を上手く表現していると思いました。

なんにも考えずに観れる、怖がれる映画です。
ラストの意味深な終わり方に、今から続編が楽しみ!




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。