--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-17(Wed)

『デイ・オブ・ザ・デッド』

dayofthedead

「デイ・オブ・ザ・デッド」(2008・米)

とある町で、軍の演習という名目の元いきなり街全体が封鎖された。街の中では奇妙な風邪が流行り始め、軍に勤めるサラの母親もその病魔に冒されしまう。病院に向かうサラ達だったが、病人たちに異変が起こりはじめ・・・。
ロメロの名作「死霊のえじき」のリメイク・・・らしい。
_____________________________


わざわざ渋谷まで足を運び、観に行ってまいりました。
ロメロの作品のリメイクと聞くとどうしても思い出してしまうのは「ドーン・オブ・ザ・デッド」。この「ドーン~」は映画の出来自体は割と良かったものの、これってリメイクと言えるの・・・?と思わず首を傾げてしまうような内容のものでした。
この「デイ・オブ・ザ・デッド」も、予告編を観る限りそんな感じ。果たしてどうなる事やら、とわくわくしながら鑑賞したのですが・・・。
これをリメイクと呼ぶなっっっ!!!
これが鑑賞後の第一声です。共通点は軍が関係している事と・・・あとは地下での対決だけ?「ドーン・オブ・ザ・デッド」が傑作に思えてきます。
「死霊のえじき」のリメイクといったらやはり気になるのは知能を持ったゾンビ、バブの存在なのですが、それらしきゾンビも見当たりません。(あえてバドの存在は無視します。)
リメイクだと思って鑑賞すると、本当にガッカリする映画です。

この映画のゾンビも最近ハヤリの猛ダッシュゾンビなのですが、「28週後・・・」等と比べると結構遅い。
従来のゾンビの動きに戻ったと思ったら急に走りだしたりと、このゾンビ一体何なの?と思っていたら天井をゴキブリの様に貼りついて移動するゾンビも現れました。これには爆笑。なかなか新しいゾンビです。

真面目なゾンビアクションというよりは、全体的にコメディ色の強い映画でした。リメイクというよりもパロディに近い感じです。近年の「バタリアン」シリーズと似通った部分もあり、コメディだと思えば楽しめるゾンビ映画だと思います。
薄っぺらい内容ですが、ゾンビ好きなら楽しめること必至!多分・・・。




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。