--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-14(Tue)

『4分間のピアニスト』

vierminuten

「4分間のピアニスト」(2006・独)

女子刑務所でピアノの教師を務めるトラウデは、ある日ジェニーという少女と出会う。彼女はかつて数多くのコンクールで入賞した経験のあるピアニストだった。彼女の類稀なる才能を見出したトラウデは、コンクールに出場させようと猛練習を始めるのだが・・・?



素行不良の少女にピアノを教え、コンクール出場を目指す・・・。これだけ聞くと女教師と生徒との交流を描いた爽やかな青春モノの様にも思えるのですが、それだけでは終わらないのがこの映画。光と影が入り乱れる、非常に繊細なストーリーです。
不良少女の更生物語というよりは、どちらかと言うと老女の心境の変化が主に描かれています。保守的な老女が才能に満ち溢れた前衛的な少女と出会うことによって、過去の自分と向き合い、心境に変化が生まれていく・・・。偏屈ばあさんを演じたモニカ・ブライブトロイ、非常に良い味を出してます。

この映画で何より凄いのは、やはり数々のピアノの演奏シーン。
個人的には2人が初めて出会った時にジェニーが弾いていた曲が印象的でお気に入りなのですが、必見なのはラストの演奏シーン。とにかく凄い。凄いです。聴いている最中、ずっと鳥肌が立っていました。この演奏シーンだけでも、この映画は観る価値があり!・・・というよりも、あのシーンありきの映画といっても過言ではありません。
ピアノ演奏会に行くと必ず睡魔と闘っている私ですが、この映画だけは自然と心がひきつけられました。先ほども触れましたように特にラストの演奏シーンは圧巻で、ピアノ音楽で泣いたのはこれが初めてです・・・。

全編暗いタッチの映像ではありましたが、パワーに溢れた個性的な映画です。






スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。