--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-16(Thu)

『潜水服は蝶の夢を見る』

le_scaphandre_et_le_papillon

「潜水服は蝶の夢を見る」(2007・仏/米)

「ELLE」の編集長であるジャン=ドミニック・ボビーは、昏睡状態から目を覚ますと見知らぬ病室に横たわっていた。脳梗塞により体中の筋肉が麻痺し、動かせるのは左目のまぶただけ。体の自由が効かない。喋ることさえ出来ない。自分の運命に落胆するジャンだったが、ある日自分の体験談を描いた本を出版する事を決意する・・・。
実話の映画化。


久し振りに映画を観てしゃくり上げるほどの大号泣をいたしました。
こんなに泣いたのは「マイ・ドッグ・スキップ」以来です。
いや~、凄い映画ですよ。これ。

まず映像が非常に美しいです。主人公目線からのカメラワークに始まって、主人公の妄想、現実、過去のエピソード・・・、ありとあらゆるシーンが芸術的。光の反射がとても綺麗で、透き通るような透明感のある映像群に目を見張りました。特に主人公の涙で視界が霞むシーンは・・・、憎い演出ですな~。
アート系の映画って、"映像に凝り過ぎていてストーリーを重視しない"。そんなイメージが私の頭の中をついて回り、ずっと苦手意識を持っていたのですが、この映画のおかげでそういった偏見も無くなりそうです。
普通の人間ドラマとしても、そしてアート作品としてもお楽しみいただける映画だと思います。

「感動する」とか「考えさせられる」とか、そういった言葉で括るとどうしてもちゃちな響きになってしまい、うまく言葉で表現できないのですが・・・。観ている人の心に迫りくる映像群と、全編に溢れ出すようなジャンの生命エネルギーに、圧倒されると同時に自然と涙が出てくるのです。
とにかく凄いです。そして面白い。

関係ないですけど、フランス語ってなんだか良いですね。発音とか、なだらかな喋り方がかなり好きです。今度フランス語の授業を取ってみようかしら・・・。






スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。