--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-08(Sat)

『ファントム・オブ・パラダイス』

phantomofparadise

「ファントム・オブ・パラダイス」(1974・米)

音楽家のウィンスローは、ある日デスレコードの社長スワンに自分が作曲した音楽を奪われ、無実の罪を着せられてしまう。その後脱走し復讐をもくろむ彼だったが、プレスで顔を潰してしまい水死したかのように思われた。だがスワンに復讐を果たすため、彼は死の淵から蘇ったのだった・・・。


愛するものを奪われ無実の罪を着せられた男が、その復讐を果たすために鬼と化す・・・。これだけ聞くと、「スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師」とほぼ同じ設定ですね。しかしこの映画から感じる負のパワーは、あの映画の比ではありません。
前回の「スウィーニー・トッド」のレビューで「トッドと夫人の異常性が足りない!」と苦言を呈した私ですが、本作を観てハッといたしました。
これです。これです。私はこの異常性を求めていたのです。

先ほども書きましたように、この映画から発せられる負のパワーが半端ではありません。ひたすらえげつなく、グロテスクで、救いが無い。ですがその異常性を格好良いと思えてしまうのが、この映画の凄い所です。
デ・パルマの映画はほぼ未見なのですが、「キャリー」などを思い出す限り、非常に特殊な世界観を持つ監督さんですよね。この映画も同様に実に特殊で、死の淵から蘇ったウィンスローのビジュアルが強烈、心に残ります。ウィンスローの不気味さと、そして彼からにじみ出る怒りと悲しみとをロックに乗せて表現する衝撃作です。

テンポが非常に良いですし、音楽を多用しているものの、ミュージカル映画とはまた異質のものに仕上がっています。一つひとつの音楽や造形がとにかく強烈で、特に"パラダイス"のロックステージには目を見張るものがありました。
ただ、最後のオカルト的な展開はちょっとどうかな~。何故この方向に話を持って行ったのか、気になる所です。
エンディングの格好良さも必見。ロック・ミュージカルとしての一面もあるので、ロック好きにもお勧めしたい映画です。





スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。