--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-10(Mon)

『鎧なき騎士』

knightwithoutarmour

「鎧なき騎士」(1937・英)

イギリス国籍だがロシアの急進派として活動する諜報部員が、ある日反革命派の伯爵夫人と恋に落ちる。男は伯爵夫人を急進派の軍隊から逃がそうとするのだが、その先には多くの困難が待ち受けていて・・・。


昔の映画を、侮る事なかれ。
最近この言葉を身に染みて感じます。私は以前まで、昔の映画を意味もなく嫌っておりました。白黒の映像が肌に合わなかったのでしょう。「昔の映画なんてつまらない」という変な先入観を持っていたのです。
ですけど映画というものは歴史の積み重ねの上に成り立っている訳でして、昔の映画を否定するという事は現代の映画を否定する事にも繋がるのですよね。
食わず嫌いしてはいけません、という事でまたも30年代の映画を観賞しましたが、これが普通に面白い

戦争映画として、そして恋愛映画として非常に綺麗にまとまっている映画です。第一次世界大戦時のロシアを描いた作品でありますが、歴史に疎い私でもすんなり物語に入っていくことができました。
戦争映画というよりは恋愛映画としての要素が多く、男と女の真っ直ぐでキラキラと光るような純愛が眩しいです。思わずニヤニヤしてしまいます。
男が諜報部員になり、女と知り合うまでの過程が少々眠く退屈なのですが、男と女の逃亡劇に入ったところから格段に面白くなっていきます。何とも言えない緊迫感と禁断な雰囲気がたまりません。

イギリス国籍の諜報部員と伯爵夫人という設定を生かし切れていなかったのが少々残念ですし、ラストも尻切れとんぼだったので、彼らのその後をしっかり描いて欲しかったと思います。展開が強引で全体的にご都合主義な感じは否めませんが、たまにはこういった映画も良いのではないでしょうか。
リアリティを追求した映画も好きですが、こういった単純に楽しめる恋愛映画も良いものですね。




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。