--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-29(Sat)

最近観た映画~パート2

またまた観た映画をまとめてレビュー!です。


storytelling

「ストーリーテリング」(2001・米)

トッド・ソロンズはやっぱり凄い。彼の映画はとことん辛辣な人間描写をするのにも関わらず、その後味はどこか爽やかで、晴れやかな気持ちで観終える事が出来る。
勘違い高校生スクービーが、昔の自分とかぶって泣けてきます・・・。

demonia

「新・デモンズ」(1990・伊)

ゾンビ映画だと思って借りたら、全然違う内容でした。デモンズ違いでした。
ある程度のグロテスク描写には耐性がついてきた私でありますが、この映画は生理的に受け付けませんでした・・。。とにかく気持ち悪い。吐き気がする。
フルチはどこまでいってもフルチなのですね。

kinsey

「愛についてのキンゼイ・レポート」(2004・米)

真面目な、変態映画です。主役のキンゼイ博士はやっている事がどう考えても変態なのに、あくまで彼は"研究"をしているだけなので、どんなにお下劣な事でも高尚なものに見えてしまうから不思議です。
リーアム・ニーソンとローラ・リニーの、二人の演技が素晴らしい。


veradrake

「ヴェラ・ドレイク」(2004・英/仏/新)

このマイク・リーという監督は、「秘密と嘘」の時も思いましたけど非常に人間描写が細かいですね。会話のシーンの一つひとつが深く、印象に残ります。
「4か月、3週と2日」に引き続き堕胎ものなのですが、こちらは堕胎を"する"側のおばあちゃんのお話。必ずしも人を助けることが正義になるとは限らない。観た後考えさせられる、深い映画です。





いちロメロファンとして「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」を観に行きたいのですが、お金と暇がなくまだ観に行けてません・・・。どうやら主観映像でのゾンビ映画らしいのですが、一体どのような出来栄えになっているのか興味津津です。
あと12月20日に「ファニー・ゲーム」のUS版が公開されるそうで、オリジナルのファンとしては是非ともこの映画にも足を運びたい!
観たい映画は沢山あるのに観に行けない。学生の悲しい性ですねぇ・・・。



スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。