--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-22(Mon)

『ハンガー』

hunger


「ハンガー」(1983・英)

女吸血鬼のミリアムと青年ジョンは夜な夜な若い男女の血を吸い、長い年月を生きながらえてきた。しかしある日ジョンの身に異変が起こり、どんどん彼の体は年老いていく。危機を感じたジョンはある有名な女医師の元に出向くのだったが・・・。
トニー・スコットの長編監督デビュー作。
_____________________________

私の好きな映画の一つに「トゥルー・ロマンス」がありまして、その監督を務めているのがこの「ハンガー」の監督でもあるトニー・スコットなのですが、恥ずかしながらわたくしトニーの映画は全く観たことがございません。「トゥルー~」と、あと「マイ・ボディガード」位です。なので私の頭の中でトニーはスタイリッシュなアクション監督という位置づけがされております。
そんなイメージの元この映画を観賞したのですが、意外や意外、アート臭のする映画でございました。トニーってこんな映画も撮れるんですねー・・・。

吸血鬼のお話なのですが、話の流れを掴むのに1時間を有しました。独特な映像に頭をかき乱され、ストリーが頭に入ってこないのです。多分この映画の話を完璧に理解するには、相当の時間がかかる事でしょう。
暴力性とエロティシズムと、色々なものが融合し全編狂気を感じる映像群。後を引く怖さがありました。オープニングとラストはインパクト大です。

よくよく考えればこの映画けっこう凄いのですが、普通の映画だと思って観た私は、観賞中ドン引き
もともとアート系?の映画が苦手なため、どうも話の流れについていけませんでした。
映像を楽しむ分には良いのですが、映画としては今一つ。最後まで気分がスッキリせず、消化不良です。

それにしてもキャストがとっても豪華ですね。デヴィッド・ボウイの老人メイクもさることながら、今や大女優のカトリーヌ・ドヌーブとスーザン・サランドンの濡れ場が凄いです。ウィレム・ディフォーも出演していたそうですが、見つけられませんでした・・・。

今度2回目チャレンジしてみます。




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。