--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-08(Wed)

『映画に愛をこめて アメリカの夜』

lanuitamericaine

「映画に愛をこめて アメリカの夜」(1973・仏)

ある監督が新作映画を撮るために、ニースで撮影を開始する。しかし妊娠したり、不倫したり・・・といった出演者のトラブルによって撮影は難航。果たして無事映画は完成するのか??
映画撮影の裏側を追った人間ドラマ。


あらすじにも書きましたように、これは映画の撮影開始から完成までの様子を描いた人間ドラマです。フランソワ・トリュフォー監督自身が映画の中で監督を演じており、なかなかリアリティのある内容でございました。
映画を撮影する上での楽しさ、大変さ、喜び、悲しみ、色々なものが込められており、トリュフォー監督の映画に対する深い愛情を、感じずにはいられません。監督の細かい指示、俳優・スタッフのドタバタ具合など慌ただしい撮影シーンがとても楽しいです。
「映画撮影は駅馬車のようだ。期待は薄まり、ただただ目的地につくことを願う」
このセリフが非常に印象的でした。
(すいません、セリフの言い回しはうろ覚えです。。。)

ただこの映画、登場人物がかなり多いので、誰が誰だか役どころを理解するのにとても時間がかかりました。
「○○が~した」などと言われても、一体誰のことを言っているのやらサッパリ分からず、いまいち話に乗って行けません。観ている者の理解力の問題なのかもしれませんが、そこが少し残念な所でした・・・。

映画に携わる人間ならば、誰もがウンウンと頷くような、そんな内容の映画なのでは無いでしょうか。
何分わたしはズブの素人なもので、共感しづらい部分はありましたね。何年後かにもう一度、この映画を観たいものです。




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>よーじっくさん
そうなのですか~。よーじっくさんのコメントから、この映画への愛が伝わってくるようです。そう仰られると、またこの映画を鑑賞したくなりました。そしてよーじっくさんのベスト1が気になります><
またまたコメントありがとうございました♪

No title

こんばんは、よーじっくです。

さっき『ファントム・・』にコメント書いたんですけど、この作品も取り上げられていらっしゃるので、ついつい・・。

この映画は私のベスト2です。

何十回見たのかわかりません。今では、もう、オープニングからグッと胸に熱いものが・・・。

この作品は、セリフやプロットなど全てに考えつくされた監督の思いが、詰め込まれています。映画作品として一流の仕上がりです。

私は大のミュージカル映画ファンなんで、アステアの映画にコメントを書こうと思っていましたが・・。まずは、こちらからでした。

『アメリカの夜』を取り上げてくださったことに、感謝します。
プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。