--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-28(Tue)

『卒業』

thegraduate

「卒業」(1967・米)

大学を卒業し、将来有望な青年ベンは、卒業パーティで両親の友人であるロビンソン夫人に誘惑される。最初は拒んだベンであったがその内二人は密会し情事を始めるようになる。しかし大学から実家に帰ってきた夫人の娘に、ベンは恋心を抱いてしまい・・・。



これほどまでにダスティン・ホフマンを可愛いと思ったのは、この映画が初めてです。あんまり男の人に可愛いって言葉は使いたくないのですが・・・、それでもこの言葉を使わずにはいられない。この映画のホフマンに、全ての女性が母性本能をくすぐられた事でしょう。
序盤の、背伸びしつつもいつも空回りで、オタオタする主人公の様子に思わずニヤニヤ。若者の無鉄砲さといいますか、好奇心といいますか、そういった微妙な心理が非常に丁寧に描写されている映画だと思いました。
自分の将来について不安を抱く主人公の様子は、現代の若者たちにもどこか通じるものがあるかもしれませんね。大学卒業間近になってから、もう一度観たい映画です。

ジャンルは青春コメディといった感じで、一つひとつのネタがツボに入り、終始笑いっぱなしでした。そして笑いの中にも怒りがあったり、焦りがあったり、全体的に甘酸っぱい、思わず口元がゆるんでしまうようなそんな幸せを感じるストーリーです。ホフマンのキャラクターが非常に魅力的ですし、ロビンソン夫人の存在も良い感じです。
そして何よりこの映画、音楽が凄く良い
シーンの箇所に度々挟まれる音楽がいちいちこの映画とマッチしていて、とても心に残ります。特に「The sound of silence」は、何回聞いても飽きません。

若さゆえの過ち、若さゆえの暴走・・・、嗚呼、若さって素晴らしい!観た後そう叫びたくなるような、青春映画の傑作。
最近観た映画の中で、一番のヒットです。すべての若者に観てほしい。





スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>Guild26さん
卒業を間近に控えた学生さんには、本当に共感できる映画だと思いますよ。お勧めです♪
古臭さを感じない、色褪せないストーリーです!

はい、女ですよ。
ゾンビ好きを自称したりしてるんで、ちょっと分かりづらかったですかね^^;

No title

渋い作品を観ますね!
卒業といえば、僕も早く卒業したいと考えてしまいます。
動画を見てみましたが音楽が昔っぽくて好きです♪
最近、映画鑑賞を休憩中だったのですが古い映画
が観たくなってきました!
kさんって女性の方ですか!?


プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。