--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-13(Sat)

『人生は、時々晴れ』

allornothing

「人生は、時々晴れ」(2002・英)

イギリスのとある集合住宅地。すれ違いを続ける夫婦や無職の息子、アル中の母親や悪いボーイフレンドと望まぬ妊娠をした女・・・、色々な人々の平凡ながらも苦悩に満ちた生活を舞台に、多種多様の愛を描いた人間ドラマ。


最近妙に気になる監督、マイク・リー。
「秘密と嘘」、「ヴェラ・ドレイク」と観てきましたが、彼の映画は本当に人間描写が細かい!そして丁寧ですね。この「人生は、時々晴れ」も例にもれずそういった映画なのですが、今まで観たマイク・リー作品の中で私はこれが一番好きです。

この映画のテーマは、ずばり"愛"
この映画の登場人物は皆がそれなりの恋愛関係、家族関係を築いている一般家庭の面々なのですが、その瞳は寂しそうで、全員が常に孤独や悲しみと闘っています。そんな中事件や事故が彼らを襲うわけですが、そこから見え隠れする彼らの本音や叫びが醜くも純粋で、そして本当に人間らしいのです。
多種多様な愛の形を淡々と、それでいてしっかりと描いております。

最終的に一つの家族に焦点を絞って物語が進むのですが、個人的には他の家族のその後の様子もしっかり描いて欲しかったな~と思いました。特に無職女とストーカー男のその後の関係が気になります。

「秘密と嘘」と同様に一般人の私生活をのぞき見している様な感覚に陥るので、終始彼らと一緒に怒り、やきもきし、モヤモヤした130分でした。スッキリしない終わり方ではありますが、観た後不思議な安心感が残る映画です。
映画の中で、確かに彼らが生きている。そう錯覚してしまうような、地味ながらも素晴らしい映画。



スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。