--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-15(Mon)

『さよなら、さよならハリウッド』

hollywoodending

「さよなら、さよならハリウッド」(2002・米)

10年前はハリウッドの前線で活躍していたものの、今やすっかり落ち目のベテラン監督ヴァンが、ある日元恋人の推薦で大作の監督を務める事となる。張り切るヴァンだったが、撮影の前日に突然ストレス性の失明を患ってしまう。なんとかバレないように撮影を開始するのだが・・・?


「アニー・ホール」が私好みの映画だったので、ウッディ・アレンの他作品も鑑賞してみる事に。
やっぱり彼のお喋り好きだな~。彼の出ていないシーンなど途中中だるみして集中力が途切れた時も、彼が画面に出てきただけでグッと画面に引き寄せられる自分がいるのです。
ユーモラスな会話内容も惹きつけられる理由の一つですが、彼の飄々としたキャラクターが実に良いんですよね。落ち目の変人監督の役が、非常にマッチしておりました。凄いよ、ウッディ・アレン。
目が見えないことを悟られないように悪戦苦闘する様子がたまらなく可笑しいです。
ただ、自分の息子とのエピソードがよく分からなかったのですが・・・。あれは物語を完結させる上で必要だったのでしょうか・・・?

映画撮影のお話なので、ハリウッドの裏側のようなものを垣間見れたりします。実に興味深い。そして参考になりました。
それにしても、監督の目が見えなくなってもちゃんと映画は完成するし、映画公開もされてしまうこのハリウッド・・・、一体なんなんでしょう。映画業界ってどこもこんな感じなのでしょうか。あまりに巨大化したハリウッドの在り方を皮肉った内容のようにも思えました。ラストのオチのつけ方は、ハッピーながらも複雑な気持ちにさせられます。




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。