--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-29(Sat)

最近観た映画~パート2

またまた観た映画をまとめてレビュー!です。


storytelling

「ストーリーテリング」(2001・米)

トッド・ソロンズはやっぱり凄い。彼の映画はとことん辛辣な人間描写をするのにも関わらず、その後味はどこか爽やかで、晴れやかな気持ちで観終える事が出来る。
勘違い高校生スクービーが、昔の自分とかぶって泣けてきます・・・。

demonia

「新・デモンズ」(1990・伊)

ゾンビ映画だと思って借りたら、全然違う内容でした。デモンズ違いでした。
ある程度のグロテスク描写には耐性がついてきた私でありますが、この映画は生理的に受け付けませんでした・・。。とにかく気持ち悪い。吐き気がする。
フルチはどこまでいってもフルチなのですね。

kinsey

「愛についてのキンゼイ・レポート」(2004・米)

真面目な、変態映画です。主役のキンゼイ博士はやっている事がどう考えても変態なのに、あくまで彼は"研究"をしているだけなので、どんなにお下劣な事でも高尚なものに見えてしまうから不思議です。
リーアム・ニーソンとローラ・リニーの、二人の演技が素晴らしい。


veradrake

「ヴェラ・ドレイク」(2004・英/仏/新)

このマイク・リーという監督は、「秘密と嘘」の時も思いましたけど非常に人間描写が細かいですね。会話のシーンの一つひとつが深く、印象に残ります。
「4か月、3週と2日」に引き続き堕胎ものなのですが、こちらは堕胎を"する"側のおばあちゃんのお話。必ずしも人を助けることが正義になるとは限らない。観た後考えさせられる、深い映画です。





いちロメロファンとして「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」を観に行きたいのですが、お金と暇がなくまだ観に行けてません・・・。どうやら主観映像でのゾンビ映画らしいのですが、一体どのような出来栄えになっているのか興味津津です。
あと12月20日に「ファニー・ゲーム」のUS版が公開されるそうで、オリジナルのファンとしては是非ともこの映画にも足を運びたい!
観たい映画は沢山あるのに観に行けない。学生の悲しい性ですねぇ・・・。



theme : 映画感想
genre : 映画

2008-11-20(Thu)

最近観た映画

最近TSUTAYAの宅配レンタルサービスに手を出したのですが、あれ結構面倒臭いシステムですね。1回に2本しかレンタル出来ないのが非常に残念です。とりあえず今は様子を見てみます。

それでは、最近観た映画プチレビュー。



LES QUATRE CENTS COUPS

「あこがれ/大人は判ってくれない」(1958/59・仏)

まず「あこがれ」
少年たちが年上の女性に憧れを抱く姿は、どうしてこうも観ていてウキウキするのでしょう。冒頭の、スカートをなびかせがら自転車を漕ぐ女性の姿が何ともいえず魅力的でした。
そして「大人は判ってくれない」
子どもは大人が思っているよりも賢くて、色々な事を考えている。少年と大人との境目を揺れ動くドワネルが可愛くて、たまらなく愛おしいです。
少年時代の揺れ動く心を、非常に的確に描写した素晴らしき青春映画。


4luni3saptaminisi2zile

「4ヶ月、3週と2日」(2007・羅)

長回しでの撮影が非常に印象的なこの作品。
自由を制限された女性たちの苦悩を繊細に、かつ力強く描いております。
メインテーマが"中絶"ですので、女性にとって少々きつい話でもあります。観ていて痛かった・・・。


queenslogic

「クイーンズ・ロジック/女の言い分・男の言い訳」(1991・米)

冒頭とラストだけは良い感じ。あとはよくある恋愛映画です。
この映画でクロエ・ウェッブの魅力に開眼しました。「シド・アンド・ナンシー」の時はハマれなかったけど、この映画の彼女は最高です。


therockyhorrorshow

「ロッキー・ホラー・ショー」(1975・英)

ポップなロック・ミュージカル。純朴なカップルがどんどんロックに支配されていく様は見応えありです。
しかし残念ながら私が好きなタイプのロックではないのです。「ファントム・オブ・パラダイス」の方が好きでした。




しばらくブログを小休止します。
最近映画について色々考える機会がありまして、今は映画を観るだけでいっぱいいっぱいな状態です。
なのでしばらくは一つの作品を集中的に取り上げるのではなく、今日のように観た映画をまとめて紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。



theme : 映画感想
genre : 映画

2008-11-16(Sun)

『ダージリン急行』

darjeeling_limited

「ダージリン急行」(2007・米)

父親の死をきっかけに、インドへと"心の旅"に出掛けた3兄弟。互いにすれ違い、争いを続ける3人だったが、≪ダージリン急行≫での電車の旅をきっかけに、心境に変化が生まれていく・・・。


ウェス・アンダーソンは、私の大好きな監督の一人です。彼の映画の世界観、美術、音楽、どれを取ってもお気に入り。なのでここからはひいき目全開のレビューを展開していく事となるのですが、あえて言っておきましょう。
やっぱりアンダーソンは最高だ。
今回の映画の舞台はインド。このインドの街並み・風景が、アンダーソンの世界観と非常にマッチしているんですよね。3兄弟のビジュアルや電車内の内装も非常に個性的で、まるで絵本を読んでいるかのような感覚にさせられます。毎度のことながら目に楽しい映像を見せてくれます。

そして3兄弟の歩み寄りたくても歩み寄れない、成長し切れない大人たちの様子が非常に可笑しく、そんな彼らをたまらなく愛おしいと思えるのです。
ジェイソン・シュワルツマン、オーウェン・ウィルソンだけならず、ビル・マーレイ、アンジェリカ・ヒューストンとアンダーソン組も大集合。アンダーソン好きならば思わずニヤリとする事でしょう。

可笑しくてちょっぴり切なくて、観た後心がほっこりするようなロード・ムービー。
鑑賞後、インドに行きたくなる事間違いなしの映画です。





theme : 映画感想
genre : 映画

2008-11-12(Wed)

『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 死霊創世紀』

nightofthelivingdead90

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 死霊創世紀」(1990・米)

母の墓参りのために街外れの墓地に出向いたバーバラは、突然死者の群れに襲われる。命からがら近くの一軒家に逃げ込むが、四方死者に囲まれた危機的状況下で果たしてバーバラは無事生き延びることは出来るのか・・・?
名作「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」のリメイク作。


この映画、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のカラー版だとずっと思い込んでおりまして、今までノーマークでした。不覚、一生の不覚です。しかも監督はあのトム・サヴィーニじゃないですか。
作品自体の出来も素晴らしく、ロメロファンとして今までこの映画の存在を知らなかった事を恥じております。
「ドーン・オブ・ザ・デッド」、「デイ・オブ・ザ・デッド」など現在次々とリメイクされているロメロのゾンビ3部作でありますが、この映画はそのリメイクの中でも断トツに面白い傑作でした。

・・・と褒めてみたものの、実はわたくし最後に「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」を鑑賞したのが相当昔の事なので、オリジナルの内容をよく覚えていないんですよね。なので本作とオリジナルとの比較が出来ません。事前に復習しておくべきでしたね・・・。
うろ覚えな記憶でありますが、オリジナルより非常にシビアな展開になっていると思います。人間に対する皮肉が痛烈で、非常に後味の悪いラストです。ラストの地獄絵図は圧巻でした。全編に漂うモヤモヤ感と不快感がたまりません。
グロテスクな描写も非常に少なかったように感じます。何故でしょう。ただゾンビを求めている私にとっては、程良いグロさではありましたけどね。

やはりトム・サヴィーニの力あってか、ゾンビ一人ひとりに個性があって非常に面白い!人間の醜さを強調しつつもゾンビの魅力もきちんと描き切っており、初めてロメロのゾンビ映画を観賞した時の衝撃が蘇ってくるようでした。
最近ゾンビ映画の観過ぎなのか感覚が麻痺し、ゾンビを1つの"キャラクター"として鑑賞していた私でありますが、この映画を観て久し振りにゾンビに対する"恐怖心"が沸いてきました。

純粋にゾンビが怖かったあの頃・・・、懐かしいです。あの頃の思いよ、もう一度!ってことで、この感覚を味わえただけでも大満足な映画でした。
ゾンビ好きなら是非抑えておくべき映画です。





2008-11-10(Mon)

『鎧なき騎士』

knightwithoutarmour

「鎧なき騎士」(1937・英)

イギリス国籍だがロシアの急進派として活動する諜報部員が、ある日反革命派の伯爵夫人と恋に落ちる。男は伯爵夫人を急進派の軍隊から逃がそうとするのだが、その先には多くの困難が待ち受けていて・・・。


昔の映画を、侮る事なかれ。
最近この言葉を身に染みて感じます。私は以前まで、昔の映画を意味もなく嫌っておりました。白黒の映像が肌に合わなかったのでしょう。「昔の映画なんてつまらない」という変な先入観を持っていたのです。
ですけど映画というものは歴史の積み重ねの上に成り立っている訳でして、昔の映画を否定するという事は現代の映画を否定する事にも繋がるのですよね。
食わず嫌いしてはいけません、という事でまたも30年代の映画を観賞しましたが、これが普通に面白い

戦争映画として、そして恋愛映画として非常に綺麗にまとまっている映画です。第一次世界大戦時のロシアを描いた作品でありますが、歴史に疎い私でもすんなり物語に入っていくことができました。
戦争映画というよりは恋愛映画としての要素が多く、男と女の真っ直ぐでキラキラと光るような純愛が眩しいです。思わずニヤニヤしてしまいます。
男が諜報部員になり、女と知り合うまでの過程が少々眠く退屈なのですが、男と女の逃亡劇に入ったところから格段に面白くなっていきます。何とも言えない緊迫感と禁断な雰囲気がたまりません。

イギリス国籍の諜報部員と伯爵夫人という設定を生かし切れていなかったのが少々残念ですし、ラストも尻切れとんぼだったので、彼らのその後をしっかり描いて欲しかったと思います。展開が強引で全体的にご都合主義な感じは否めませんが、たまにはこういった映画も良いのではないでしょうか。
リアリティを追求した映画も好きですが、こういった単純に楽しめる恋愛映画も良いものですね。




theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

K

Author:K
大学1年生
小学5年生で映画に目覚める
でも映画の知識は初心者レベル
目標は大学卒業までに1000本観破です

【好きな映画】
「ゴースト・ワールド」
「ゾンビ」
「天才マックスの世界」

【好きな俳優】
ケビン・ベーコン
スティーブ・ブシェミ
エヴァン・レイチェル・ウッド

【好きな監督】
ウェス・アンダーソン
ジョージ・A・ロメロ

★前田有一の超映画批評★

にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑宜しければぽちっとお願いしま~す


高校生時の映画レビューサイト「映画の森」へのリンク外しました。昔のレビューを晒すのが恥ずかしくなったので・・・。
もし見たいという方がいらっしゃったら、検索サイトで探せば出てくると思いますので、そこからどうぞ。



ブログパーツ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。